After Effects After Effects 便利情報

【これで十分。27選】After Effectsおすすめショートーカット【レベル別で紹介】

投稿日:


↓以前こういったツイートをしました。

「After Effectsのショートカットが便利なのは分かってるんだけど、

たくさんありすぎて正直どれから覚えたら良いのかわからない」

ってことありませんか?

私が始めた時は、そんなこと思っていました。

「全部覚えられないから、必要な情報だけ教えて欲しい」

って思っていました。

今回はそんな疑問を解消すべく

レベル別に分けたAfter Effectsのショートカットを紹介します。

私の良く使っているものを中心にピックアップしました。

スポンサードサーチ

【これで十分!27選】After Effectsおすすめショートーカット【レベル別で紹介】

まずは、【1.初心者へおすすめショートカット】を覚えておけばOKです。

これだけでも作業効率化はかなり図れます。

物足りなくなれば【2.脱初心者へおすすめショートカット】以降も使ってみてください。

1.初心者へおすすめショートカット

まず最初に覚えておくべきものをピックアップしました。

タイムライン上で指定のプロパティを開くショートカットです。

これだけでも、かなり作業効率化へ繋がります。

位置P
回転R
不透明度T
スケールS
オーディオレベルL
アンカーポイントA
プロパティを閉じるE
全キーフレームU

※Uキーは死ぬほど使いますので、一番に覚えるべきショートカットです。

スポンサードサーチ

2.脱初心者へおすすめショートカット

Aeの操作に慣れてきたら、こちらのショートカットもチャレンジしてみてください。

特にレイヤーのカット・複製はかなり便利です。

MacWindows
平面の作成command + Yctrl + Y
平面の設定変更command + shift + Yctrl + shift + Y
コンポジションの新規作成command + Nctrl + N
コンポジションの設定変更command + Kctrl + K
プリコンポcommand + shift + Cctrl + shift + C
MacWindows
レイヤーの複製command + Dctrl + D
レイヤーのカットcommand + shift + Dctrl + shift + D
MacWindows
レイヤーのカット(左側)option + [alt + [
レイヤーのカット(右側)option + ]alt + ]
MacWindows
タイムラインの縮小--
タイムラインの拡大^^

3.中級者へおすすめショートカット

さらに極めたいという方へ向けて、一段階上のショートカット紹介します。

素材の入れ替えショートカットはかなり便利です。

MacWindows
アンカーポイントをセンター移動command + fn + ← optionctrl + home +alt
オブジェクトをセンター移動command + fn + ←ctrl + home
MacWindows
レンダキューへ追加command + Shift + /ctrl + M
MacWindows
素材の入れ替えcommand + option + /ctrl + alt + /
MacWindows
シェイプの「塗り」「線」切り替えoption + クリックalt + クリック
MacWindows
表示マークの切り替えoption + クリックalt + クリック
MacWindows
ワークエリアの時間を変更BB
ワークエリアの時間を変更NN
MacWindows
イーズの解除command + クリックctrl + クリック
MacWindows
キーフレームの間隔を保ったまま移動option + ドロップ&ドラッグalt + ドロップ&ドラッグ
MacWindows
レイヤーをコンポジションサイズに合わせるcommand + option + Fctrl + alt + F

スポンサードサーチ

4.ショートカットキーの変更方法

個人的にはあまりおすすめしませんが、

オリジナルのシートカットキーを変更することも可能です。

①【編集】→【キーボードショートカット】でパネルを呼び出せます。

②ショートカットパネル内で割り当てたいショートカットを探し、上書きで書き換えればOKです。

間違って一つのショートカットに2つ以上のキーが割り当てられている時は、うまく動作しないのでご注意ください。

私は作業効率向上のため、タイムラインの縮小・拡大だけZとXキーに割り当てています。

他のソフトから移行してきた方は、互換性を持たすためにカスタマイズしているケースもあります。

5.まとめ:作業効率化にショートカットは必須です

ショートカットを一度に全てを覚えるのは大変なので、優先順位を付けて少しづつ覚えていくのがおすすめです。

After Effectsのショートカットは段階的に覚えていけばOKです。

私が多用している、特におすすめのものはこちらです。

■全キーフレーム・・・U
■平面の作成・・・command + Y 【ctrl + Y】
■コンポジションの新規作成・・・command + N 【ctrl + N】
■レイヤーのカット・・・command + shift + D 【ctrl + shift + D】
■レイヤーの複製・・・command + D 【ctrl + D】
■素材の入れ替え・・・command + option + / 【ctrl + alt + /】
■キーフレームの間隔を保ったまま移動・・・option + ドロップ&ドラッグ 【alt + ドロップ&ドラッグ】

普段あまり使わないショートカットは、

都度、調べないといけないので通常のコマンドで実行した方が早いです。

私は、使用頻度の低いショートカットは無理に覚えずに

通常コマンドから呼び出すようにしています。

さらにショートカットを覚えたくなれば、公式サイトより調べてみてください。

スポンサーリンク

>

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

-After Effects, After Effects 便利情報

Copyright© eizou_world , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.