動画編集Tips

【Mac向け】動画編集ソフトのおすすめ【稼ぐなら一択です】現役クリエイター推奨

更新日:


「Macで動画編集の初診者でも使いやすいソフトを知りたい」

「Macで動画編集を仕事にするのにどのソフトを使ったら良いか分からない」

「動画編集で少しでも稼ぎたいと思っている人におすすめのソフトを知りたい」

という方へ向けた記事です。

現役の映像・動画クリエイターの目線で解説していきます。

無料ソフト
初心者向けの簡易有料ソフト
プロフェッショナル向けソフト

一通り使用しましたので、感想・レビューも交えながら順に解説していきます。

スポンサードサーチ

【Mac向け】動画編集ソフトのおすすめ

結論を先に言うと、以下のAdobe製品です。

✔︎After Effects
✔︎Premiere Pro

Adobeは世界トップクラスのユーザー数を誇ります。

今までいろんなソフトを使用しましたが、

Adobeユーザー数が多いだけの理由もしっかりとあります。

1.【Macで稼ぐ】おすすめの動画編集ソフト

上記でも紹介した通り、Adobe社が販売している

【After Effects】と【Premiere Pro】というソフトです。

動画編集ソフトでどういったことができるか

■After Effects

アニメーションをさせたり、素材も何もないところから新たに何かを生み出すソフトです。

0→1を作るソフトです。

After Effectsで制作

■Premiere Pro

動画素材のカット編集など、素材の料理をするソフトです。

1→10を作るソフトです。

Premiere Proで制作

◆Adobeを選ぶ理由

1.できることが無限にある

特にAfter Effectsは、素材から制作ができますので

作れないものはないと言っても過言ではないくらい、圧倒的にできることの幅が広いです。

2.情報や拡張ツールが世界中にある

世界中にユーザーや情報が多く、ネットで探せば大概のことが載っています。

また、スクリプトやプラグインなどの拡張ツールを無料配布されていることもあります。

3.クライアントとの制限にも困らない

After EffectsやPremiere Proを使うことが、条件とされていることもしばしばあります。

同じソフトであれば、プロジェクトデータの共有も簡単にできます。

4.自由度が高く、作品の差別化がしやすい

できることが多いということは、それだけオリジナリティを出しやすくなります。

簡易的なソフトで作られたものは、だいたい似たようなテイストになりますが、

Adobe製品を使えば、自分らしさを出すこともできます。

5.Adobeの他のソフトとの相性、連携性が高い

同じくAdobeのソフトである、イラストレーターやフォトショップとの親和性も高く、

将来的にできることや、できることの幅が広がります。

料金プラン

公式ページはこちら

✔︎Premiere Pro単体・・・2,480円/月(税別)
✔︎After Effects単体・・・2,480円/月(税別)
✔︎コンプリートプラン・・・5,680円/月(税別)

※コンプリートプランは、Adobe製ソフトが全部使い放題

2種以上のソフトを利用する場合は、コンプリートプランがお得です。

他の動画編集ソフトとの比較

■エフェクトやアニメーション制作ソフト

After Effectsmotion
会社AdobeApple
価格月額2,480円(税別)6,100円(税込)買切り
得意高度なエフェクトを多用した映像表現に最適テンプレを使ったような、ちょっとした映像制作に最適

■動画素材のカット編集ソフト

Premiere ProFINAL CUT PROダビンチディゾルブその他、低価格有料ソフト
会社AdobeAppleBlackmagic DesignWondershare(Filmora)
CyberLink(PowerDirector)
価格月額2,480円(税別)36,800円(税込)買切り無料版〜36,520 (税込)買切り各ソフトごと
得意拡張性や、できることも多く、エフェクトも多数あり、プロフェッショナルを目指すには最適テンプレートが標準であり、簡易的にさくっと動画を作るのに最適カラーグレーディングや、カラコレに最適テンプレートが多数用意されており、とりあえずの動画を作るには最適

各ソフトごとにメリット・デメリットはありますが、

Adobe製の他ソフトとの連携が良いので、今後の自分の可能性広げるならAdobe製品がおすすめです。

無料ソフトはどうなの??

Macで標準搭載されているimoveや、無料アプリは

仕様がかなり簡素がされていて、できることが少ないです。

動画編集をしたことがなくて、触ってみたいという方にはありです。動画編集の仕組みは同じですので、体験という意味では無料のものでも十分かなと思います。

過去に少しでも動画制作・編集に触れていて、

これから稼いでいきたいという方であれば、Adobe製品がおすすめです。

スポンサードサーチ

2.初心者でもAdobeソフト使用に問題がない理由

◆初心者でも映像クオリティを格段に上げることができる。

初期の学習コストは少々かかりますが、

高性能なソフトがゆえに、エフェクトなども高度なものがあり、

拡張ツールを上手く使えば、初心者でも格段にクオリティを上げることができます。

◆PCのスペックをカバーしてくれる

体験談ですが、

安い有料ソフトを使用していた時は、PCスペックへの依存度が高く、

途中でソフトが落ちたり、スムーズな再生ができなかったりといった現象が起こりました。

Premiere Proへ乗り換えてから、マルチ画面を使った編集ではスムーズな編集ができるようになりました。

3.高額な動画編集ソフト代を払ってでも使う理由

動画編集は1案件ごとの単価が高く、一回の仕事でソフト代が回収できる見込みがあります。

もちろん、最初は低単価が多いですが、

単価が6,000円以上の仕事を1件でも取れればすぐに回収することができます。

ぼくも最初はそういう気持ちで案件獲得のための提案をしていました。その数千円が何倍にもなって返ってくるようになると、ソフトへの投資価値も高まってきます。

スポンサードサーチ

4.Adobeのソフトを動画編集におすすめしない人

ここまで動画編集にはAdobe製品のソフトをおすすめしてきましたが、

こういった方へは、あまりおすすめしないです。

✔︎将来的に動画制作を仕事には考えていない
✔︎とにかく安く、単発案件で動画編集をしたい
✔︎動画編集ソフトを触ったことがなくて、どんなものか知りたい

こういった方には、少し高い買い物になってしまいます。まずは無料のソフトを使用してみて、もし物足りなさを感じてから、Adobeのソフトへグレードアップをするのが良いです。

5.購入方法(Adobe動画編集ソフト)

※公式サイトはこちら

購入手順

①「個人・法人・学生教職員・教育機関」の中から所属を選ぶ
②希望のソフト(単体契約) or コンプリートプランを選択
③支払いプランを選択【年間一括払い or 月々払い】
④地域の選択(基本は日本でOK)
⑤AdobeIDの登録・ログイン
⑥支払い方法の入力

公式HPの購入ガイド詳細はこちら

↓Adobeのソフトを格安で購入するなら、オンラインスクール経由で購入するのがおすすめです。

合わせて読みたい記事

スポンサードサーチ

6.まとめ:Macユーザーの動画編集ソフトはAdobeがおすすめです

Macユーザーが動画編集をするならこちらのAdobe製品がおすすめです。

After Effects
Premiere Pro

こういったメリットがあります

✔︎有名なので世界中にユーザーや情報が多く他の方とのやり取りや、連携がスムーズに出来る。
✔︎Adobeの他のソフトとも親和性も高く、将来的にできることや、できることの幅が広がる。

料金プランは

2種以上のソフトを利用する場合は、コンプリートプランがお得です。

格安で購入したいなら、スクール経由での購入がおすすめです。

初心者でも利用する理由は

Adobeソフトを使用すれば、格段にクオリティを上げることができ、

動画編集は単価が高く、一回の仕事でソフト代が回収できる見込みがあります。

ただし、

とにかく安いソフトを使いたいという方にはおすすめしません。

プロのクリエイターを目指すなら、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

スポンサーリンク

>

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

-動画編集Tips

Copyright© eizou_world , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.