国内 大人ノマド 海外

定額の住居サービスHafH(ハフ)を使ってみた感想とレビュー【アンバサダーではないです】

更新日:


「気になるコスパはどう?」

「定額制住居のサービスってどうなの?」

「定額制住居を使うメリット・デメリットを知りたい」

という疑問解消のための記事です。

興味があるけど、検討材料が不足している方へ

少しでも意思決定のための情報提供をするための内容です。

僕が実際にHafHを利用した

1ヶ月半(8ヶ所に宿泊)の内容をまとめました。

スポンサードサーチ

定額の住居サービスHafH(ハフ)を使ってみた感想とレビュー

結論から言うと、

おすすめの利用パターンは3つです。

①お試しでノマド生活をしてみたい方
②予約手間をかけずに拠点を転々と変えたい方
③面白い人に出会いたい方(HafH Nagasaki SAI/長崎がおすすめ)

それでは順に説明していきます。

1.HafHとは

運営会社株式会社 KabuKStyle
本社〒850-0851 長崎県長崎市古川町5-21
代表取締役砂田 憲治(@KENZI_SUNADA
大瀬良 亮(@ryosera_jp
定額住居サービスHafH公式サイト

「世界を、旅して働く」をコンセプトに、

好きな時に、好きな場所で働くための、住まいが見つかる定額制サービスです。

最大のプランであれば、1ヶ月間、直営宿もしくは提携している宿に「泊まり放題」です。

22ヵ国 176都市 277施設で利用可能 (拠点一覧はこちら

※2020年6月発表

スポンサードサーチ

2.料金プラン

1ヶ月の利用頻度に応じて、4種類のプランがあります。

■2日・・・3,000円
■5日・・・16,000円
■10日・・・32,000円
■1ヶ月・・・82,000円

※2020年7月の料金プランが更新されています。詳細はこちらより

👇お試しの2日プランはかなりお得です。

僕が最初に利用したプラン

82,000円の1ヶ月プラン(いつでもHafH)を利用しました。

1ヶ月間、いつでもどこでも宿泊ができるプランです。

2020年5月に申し込みましたが【キャンペーン適用】のため、初月は無料、翌月は半額でした。

3.オプション内容

HafH直営店であれば、朝食が付いてきます。

※メニューは場所によって違います

僕が利用した朝食付きの直営宿

✔︎HafH Nagasaki SAI/長崎
✔︎HafH Fukuoka THE LIFE/福岡
✔︎HafH Nagasaki Garden/長崎(10時までにSAIへ行けば朝食は食べられます)

スポンサードサーチ

4.実際に利用した宿泊施設

※イメージ写真です

利用した宿泊施設(4県8カ所)を紹介します。

【長崎県】

■①HafH Nagasaki SAI

さすがに本社ともあって、かなり立派なコリビング施設です。

3Fの宿泊施設の共有スペースでも仕事ができますし、住民の方と話すこともできます。

1F・・・カフェ
2F・・・コワーキングスペース&宿泊施設
3F・・・宿泊施設
4F・・・屋上

1F カフェ
2F コワーキングスペース
3F 宿泊施設

■②HafH Nagasaki Garden

施設が綺麗なのに加え、周りも静かで仕事も集中できる環境が整っています。

近くにはコンビニがあり、それ以外は何もなく自然と共存しています。

■③MPホテルズ長崎水辺の森

マンション型の施設で、一人で引きこもりたい時にはおすすめです。

近くにコンビニはありますが、長崎市街地から少し(徒歩20分程度)離れますので周りの飲食店は少ないです。

【福岡県】

■④HafH Fukuoka THE LIFE

2020年2月よりオープンしたHafHの直営施設です。

HafHプランで宿泊すると朝食付きです。快適に過ごせる施設の一つです。

1F・・・カフェ
2F・・・宿泊施設

■⑤WeBase 博多

福岡の中心部(中洲)の近くに位置し、アクセス・周辺の飲食店も整っています。

共有スペースも広く、コンセントもありノマドワークにもおすすめの場所です。

1F・・・受付
2F・・・シャワールーム
3F〜8F・・・宿泊施設
9F・・・共有スペース

【山口県】

■⑥uzuhouse

山口の下関に位置する提携のゲストハウスです。

アクセスは少し不便ですが、施設内で引きこもるなら最高の場所じゃないでしょうか。

下関駅からはバスで10分、飲食や、コンビニは宿から徒歩10分ほど。

1〜2F・・・カフェ
3〜5F・・・宿泊施設&フリースペース
4F・・・シェアオフィス
6F・・・屋上(関門海峡と海を一望できる素敵なテラス)

【広島県】

■⑦ゲストハウス akicafe inn

広島駅のほぼ目の前にあり、立地は最高です。

共有スペースで仕事をすることも可能ですが、コンセントが少なく、他の利用者も会話をしていたりしますので、ノマドワークにはあまり適していません。

booking公式サイトより引用
booking公式サイトより引用

■⑧36Hostel(サルホステル)

十日市町という下町的な場所で、原爆ドームまで歩いて10分ほどです。

共有スペースはこじんまりとしているため、ノマドワークにはいまいちですが、宿泊者と仲良くなるには最適な宿です。

booking公式サイトより引用
booking公式サイトより引用

5.HafHを使った感想

良かった点

■拠点数が充実している
■サイトUIがシンプルで使いやすい
■HafH本社に泊まると面白い出会いがある
■プランの種類や、休会プランもあり自由度が高い
■外国人や、異業種、ライフスタイルの面で価値観の近い人と会える

僕が出会ったHafHを利用する方は、拠点を移動しながら生活している方が多く、多用な働き方や職種の方が多い印象です。

※拠点数は頻繁に更新されていますので、今後さらに拡充が期待されます。

特に、長崎のHafh本社(HafH Nagasaki SAI)は、

代表の方へお会いしに来られる方もいるくらいで、面白い方々が集まっています。

↓他の方のレビューでも、プラン変更など自由度が高いことが伺えます。

例えば旅好きの人は5泊、10泊プランで毎週ドライブに。拠点をハシゴしたりすることも可能です。今月は忙しいからお休みプラン(0円で一旦休止)で来月に再び5泊プランで。アドレスホッパーの人は毎日どこでもOKな風プランで。という具合に、非常に柔軟です。

https://note.com/fowlpudding65/n/nbb1099ab2cbb

気になった点

■都市部でも拠点が少ないエリアがある(北九州・名古屋など)
■HafHの直営店舗とそれ以外の提携宿とのサービスの差が大きい
■宿によっては、予約サイトから直接予約した方が安い施設もある
■MAP検索ができないので、宿情報から一つ一つMAPを見る必要がある

HafH直営店舗であれば、朝食付き、コワーキングスペース利用可能ですが、それ以外の宿はあくまで通常のゲストハウスですので、サービスや設備の具合はばらばらです。

↓一方でこういった意見もありました。

正直利用方法によっては毎日宿泊できるいつもHafH(風)の82,000円は高いと感じました。もしボクがフリーランサーとして海外を転々としながら仕事をしているとしたら一泊2,700円(82,000円÷30)はキツイです。なぜならバンコクやマレーシア、フィリピンなどの東南アジアでは、1,000円くらい出せば綺麗で快適なゲストハウスをいくらでも見つける事ができるから。

https://lightnessist.com/hafh_review/

スポンサードサーチ

6.他サービスとの比較

サービス名HafHADDressNOW ROOM
料金プラン(1ヶ月)82,000円40,000円20,000円〜
拠点数277施設52施設4,000室
※料金は分かりやすくするために1ヶ月プランを掲載

あくまで個人的なイメージですが、

■HafH・・・ノマド生活をがっつりとする or お試し(プラン)でノマドをしてみるのに最適
■ADDress・・・田舎で静かに過ごしたい方や、第二の拠点として使いたい方に最適
■NOW ROOM・・・マンスリーマンションを探している方に最適

その他 類似サービス

✔︎Hostel Life(ホステルライフ)月額30,000円〜
✔︎Hammosurfing(ハンモサーフィン)月額10,000円〜

7.HafH利用に向いている人

  • ノマド初心者 or お試し
  • いろんな場所を転々と移動したい
  • ノマド生活の宿選びが面倒だと感じている
  • ハイシーズンや土日の混雑時に宿を使うことが多い
  • 面白い人との繋がりたい(HafH Nagasaki SAI/長崎がおすすめ)

宿の予約の手間や、宿選びに失敗したくないという方にはおすすめです。一定の基準以上のおしゃれな宿が多いので、宿選びの手間や失敗を避けることができます。

長崎のHafH本社(HafH Nagasaki SAI/長崎)に行けば、面白い方との出会いにも期待できます。

8.HafH利用に向いていない人

  • とにかく居住費を安く抑えたい
  • 手間がかかっても宿は自分の好きな条件で選びたい
  • 2人1室で生活をしたい(2名契約なので割高になります)

とにかく安く住みたいだけの理由だと合わないです。今後、新しいプランがいろいろと出てくるかもです。

9.体験談(入会〜今後の利用他)

僕がHafHに入会した理由

海外から日本へ帰ってきた時に、快く受け入れてくれたのがHafHでした。

その時は通常の宿泊プランで泊まりましたが、コロナも広がっていた時で、

居場所がなく困っていたので、本当に助かりました。。。

宿泊時の対応など柔軟にしてい頂いたこともあり、入会を決めました。

HafHの面白いと思う点

メデイア運営にも力を入れていて、

【インフルエンサー】【海外移住者】【地元行政】などを絡めた発信もされています。

常に新しいことも取り入れている会社なので、そういった点でも面白いです。

今後のHafHの利用について

いろんな生活スタイルを試したいので、その時々でプランを変えながら継続して利用していく予定です。

10.利用方法(予約・プラン変更)

登録は公式サイトより可能です。

無料で会員登録をしてから、プラン登録の流れです。

今は募集終了しましたが、

アンバサダーとして無料で宿泊できるケースもあります。

お得なキャンペーンもちょこちょこしているので、公式Twitter(HafH ハフ "Home away from Home")をフォローしておくのがおすすめです。

予約・利用について

予約やプラン変更など、全て公式サイト内で行います。

プランや予約変更は前日まで対応しており、かなり融通がきくようになっています。

90日先までご予約リクエストが可能です。

会員は、予約日の前日まで予約をキャンセルすることができます。

施設によっては、HafH Coinのご利用によりお部屋のアップグレードが可能で個室がご利用いただける場合がございます。エリアや施設、時期によってはHafH Coinなしで個室が選択可能な場合もございます。

HafHプランの変更は、原則として、月単位で行うことができます。

※連泊で予約を取ると、それが一つの予約とカウントされますので途中でキャンセルができなくなります。予定が変わる可能性がある場合は、こまめに宿泊を分けて予約するのがおすすめです。

11.まとめ:まずはお試しプランからがおすすめ

利用おすすめパターンは以下の3つ

①お試しでノマド生活をしてみたい方
②予約手間をかけずに拠点を転々と変えたい方
③面白い人に出会いたい方(HafH Nagasaki SAI/長崎がおすすめ)

僕が感じるHafHの魅力は、

✔︎拠点(提携宿)数の圧倒的な多さ
✔︎HafH本部に宿泊している情報感度の高い人たちとの出会い

単純に安く住みたいという方にはおすすめしないです。

東南アジアに滞在していた僕から見ると、金額は安くはないですが、

コリビングサービスと考えると破格の値段じゃないかと思ったりします。

興味のある方は、まずはお試しHafH(ハフ)からの登録は全然ありだと思います。

※本記事の写真の一部はHafH公式ページより引用しています。

スポンサーリンク

>

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

-国内, 大人ノマド, 海外

Copyright© eizou_world , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.