Aeを愛する映像クリエイター。30代からの大人ノマド。

eizou_world

大人ノマド 海外

ホーチミンでiPhone購入〜免税(VAT還付)の方法【TAXリファンド】

更新日:


「ベトナムでiPhoneを購入したいけど、どこで買えば良いの?」

「税金(消費税)は返ってくるの?」

「免税(還付)の申請方法は?」

こちらの記事を読んで頂くと、

  • iPhoneの安全な購入方法
  • 税金(tax)の還付方法

が分かります。

私が実際に試した方法をお伝えしていきます。

スポンサードサーチ

ホーチミンでiPhone購入〜免税(VAT還付)の方法【TAXリファンド】

方法は簡単ですが、

まず最初に知っておくべきこととして、ベトナムにApple Storeはありません。

※2019年12月現在

ベトナムでiphoneを安全に購入する唯一の方法は、Apple認定【Apple Premium Resellers】で購入することです。

購入時に還付申請書を受け取り、その用紙を空港内のリファンド(Refund)カウンターへ購入商品と一緒に持参すればOKです。

では、順に説明をしていきます。(免税手続きだけ見たい方はこちら↓

1.iPhoneの【Apple Premium Resellers】って何?

Appleが公式にApple製品の販売を認めているショップのことです。

※接客の教育は特にされていない様子です

2.iPhoneを置いている普通のショップと何が違うの?

Apple Premium Resellers】で購入した製品であれば、日本のApple Storeでの修理対応が可能です。

それ以外で購入した製品は受け付けてもらえません。

※ベトナムではiPhoneの偽物も出回っているので、認定以外のお店だと偽物を購入してしまうリスクもあります

3.【Apple Premium Resellers】の調べ方は?

こちらのApple公式サイトから情報を確認できます。

↓都市名と製品を選択して検索します。

↓こんな感じで検索結果が出ます。

※Resellersの近くにもApple製品だけを扱っている、似たようなお店も多数あるので要注意です

同じ系列のお店でも認定されているところと、そうでないところがあります。

私が購入したのはこちらの4番の店舗でしたが、接客も丁寧でした。

4.iPhone購入方法

手順①

パスポートを持参し、店員さんに購入する機種を伝える時にリファンド(Refund)をしたいと伝えてください。

※私は訳あってパスポート原本が無かったので、パスポートの写メを見せて購入しました。

手順②

お支払いを済ませると、iPhone本体の動作・設定をしてくれます。

そのまま言われた通りに進めます。

手順③

全ての手続きが完了した後、リファンド(免税)用紙をもらえました。

※リファンド用紙とレシート(invoice)とは別ですのでご注意ください。

私はレシートは返してと言われたので、そのまま還付用紙だけもらいました。

用紙はこちらです。これを手に入れればOKです!

手順④

あとは、空港でリファンド用紙と商品を持って申請するだけです。

5.免税(還付)条件

  1. 未使用のVAT対象品であること。
  2. 輸出禁止または輸出制限のリストに記載していないもの。
  3. 出国日から30日以内に発行された請求書とVAT還付申告書が必要。※長期滞在の方は要注意です。
  4. 200万ドン以上(約1万円以上)の商品であること。

その他条件

  • 還付対象者は外国人または非居住者、ベトナムで発行されたパスポート保持者や就労でベトナムを出国する航空会社関係者は対象外です。
  • 還付期限は購入日から300日以内

参考記事(immi vietnam

6.申請場所

ホーチミンだと、タンソニヤット空港のゲート8番搭乗口付近にリファンドカウンターがあります。

※出国ゲート通過後ですのでご注意を。

↓順路

出国手続き後に荷物検査があり、そこを抜けると左に曲がります。

↓ひたすらまっすぐに進みます。

↓突き当たりにこちらの看板が出てきたところで左手に曲がります。

↓左に曲がって10mくらい先に8番搭乗口の看板が出てきます。

↓8番搭乗口のすぐ目の前にカウンターがあります。

7.申請方法

カウンターでリファンド(免税)用紙と商品を渡せば、手続きをしてくれます。

iPhoneは購入後すぐに使用していましたが、免税条件に新品の商品と書いていたので、念のためiPhoneの電源を落として箱に入れて渡しました。

もしかしたら、ここまではしなくても良いかもです。

  • 還付紙幣:ドル(細かい端数はベトナムドン)
  • 還付金額:かかった税金分(10%)から手数料(最大15%)を引かれた金額が戻ってきます

8.リファンド(免税)カウンター受付時間

情報が見つからなかったので不明ですが、私は深夜24時過ぎでも申請ができました。

店員さんがカウンター裏の床に寝ていたので、起こすと手続きをしてくれました。

まとめ

ポイントは2つ

①海外でiPhoneを購入する時はリセラーショップ【Apple Premium Resellers】での購入がおすすめ。

②免税(還付)には必ずリファンド用紙が必要です。購入時に受け取りを忘れないように。

スポンサーリンク

>

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告

-大人ノマド, 海外

Copyright© eizou_world , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.